140字では書けない

アラサー異常独身男性

そんなことよりお尻が気になる

12:58
昼休みに同期女性のNから相談。
今年になってから我々とランチするようになったTさんの件。日記後半で詳細書く。


22:11
Fさんの送別会終了。今はS訪の喫茶店にいる。今朝家を出るときから「今日の飲み会後は絶対に喫茶店で女々しく文章を書く!」と思っていたので、散会してから3分で車に乗り込んだ。そして喫茶に直行して今に至る。

皆が忘れかけているだろう彼女の貢献に対して、本人を前にして感謝の言葉を伝えられたのは良かった。
周りは喧しく、部長達はろくに聞いてなかったが…


数年後この日記を読み返した時のために、面倒だけど記録しておく。Fさんのスポットライトが当たっていないであろう功績は、昨年夏からの次期OS上でのシステム動作検証だと思っている。
組織への貢献を忘れられ、人格も誤解されてる重鎮Mさんとタッグを組み、今まで後回しされてきた泥臭い作業を進めてくれた。原因不明のトラブル究明を平常業務の傍ら進め、残業抑制圧力もかかるなか元々無理な体制で頑張っていただいた。

正直、質と量ともにFさんに担わせるべき仕事ではなかったと思う。動作しなかったら何千万の投資が発生するレベルの話なのに、なぜかその重大性は軽視されていた。そして、当時2年目の新人(僕)にプロジェクトの旗振りが任されていた。

彼女は「私はボーナス貰ってもいい仕事してると思う」と苦笑いして私に言ったこともあった。
本当にその通りで、彼女がエラー究明をして動くようになったシステムは数知れない。めちゃくちゃ貢献してくれた。

皆が散会後にワイワイやってる傍をそっと抜け出して、僕は喫茶店に直行した。

今朝の想定通り、飲み会で気疲れした。女々しく日記を書きたくなった。彼女の送別で感傷的になった訳ではない。久しぶりの飲み会で気疲れした。

なんというか、最近は辞める人に対していわゆるエモ(感傷的)な気持ちにならなくなってきた。年数関わらず辞める人が多すぎて馴れてしまったのと、単純に年齢を重ねて感性が磨耗してるんだろう…


今日の主な出来事はこんなところか。
送別会以外で印象に残ってるのはTさんとN村のこと、飲み会中のKさんのことだ。
そもそもTさんは今年になってから我々とランチするようになった後輩だ。
同期で仲の良い子がいるらしいが女性の同期グループでは馬が合わないためか、いつの間にか我々と一緒にランチを取っている。
今日は食べ終わった後、いつものように売店前のテーブルでお菓子を頬張っていた。たまたま今日は一緒のテーブルにいたN村がいきなりシリアスな表情で話を切り出した。
「ってかさ、いつもご飯食べてるTちゃんさ、どう思う?」
何かあったのかと思って、当たり障りのない答えをしたことは覚えている。
するとN村はひたすら話し続けた。最近彼女に対して我々の同期が話しかけていないため、彼女が沈黙している時間が多い。自分が気を遣って話しかけている。普段気を遣わないでいられた昼食タイムにわざわざ自分が気を遣っているのが微妙な気持ちだ。彼女は一体どんな気分で私たちと昼食をとっているのか。

先ほど買った果汁グミを頬張りながら、私は真剣さを装った。「特に何も考えていないし、沈黙が気になったら自分から話すのではないか?」と答えた。自分は昼時に同期が多く集まっている日はただ一緒に食事をするだけで殆ど会話していないし、それを寂しいとも思っていない。何も考えていない。自分に引き付けて考えすぎかもしれないが、彼女もそんなものではないか。

そんな適当に考えている僕でも、N村曰く我々同期の中では彼女に話しかけてあげている方らしい。僕イケてる男子じゃん!!
どうでもいいことをチェックしてるんだね…という言葉を飲み込む。本当に、心底どうでもいい。

「自然に会話する、でええんじゃない」と後輩を気にかけるおじさんを装って僕は職場に戻った。
そんなことより中年おじさんの僕は前から君のお尻が気になって仕方ない。
尻フェチの人間なら君のお尻は絶対にマークされてる気がする。君は会話をしていて大人の色気は全くないのに、尻はエロすぎる。
今日のN村はベージュのチノパンだった。
職場に戻る途中、僕は君の後ろで歩いた。
下着の跡は全く透けていない。以前から下着透けは気を遣っていると何故か男である僕に話していた。
おそらく異性として僕は扱われていないから、そんな話ができるのだろう(※ちなみにN村は恋人がいたはず)

下着はともかく、プリプリの形がくっきり顕になったお尻自体は男の視線から隠すのを諦めているのだろうか。
階段で彼女の後ろを歩いたが、上から人が降りてこないことと背後に人がいないことを確認してまじまじと凝視してしまった。何も僕はやましいことをしていない。前を向いて階段を登っただけだ。

N村が気にしていた後輩はスタイルはすごく良いが、ボディラインがはっきり分かる衣服は稀にしか着てないイメージだ。視線が気になるのか?


送別会について話を戻す。会中のKさんを見ていて、僕はバストが気になって仕方なかった。
自分はここ数年は完全にお尻派となっていたが、クリーム色のニットを着た今日のKさんをみて、何度も横乳をチラ見してしまった。こんなに大きかったっけ?
見ないようにしても、嫌でも視線が移ってしまう。
もう男の本能だからしょうがないのか。

人間性ではなく肉体にしか意識がいかないグロテスクな中年の心象をネットに放流してるのが自分でもよく分からない。
ちなみに、彼女はまだ21歳らしい。僕はもうアラサー。飲み会中はパイオツも素晴らしいな…と久々に思っていた。精神年齢はKさんはもちろん、そこらの中学生未満レベルだ。


23:50
今日はN村のヒップのこととKさんのバストの印象が強すぎて、絶対に日記に書いてやろうと思っていた。もう0時を回ろうとしている。馬鹿か?
そろそろ会計を済ます。