140字では書けない

アラサー異常独身男性

【備忘】原宿の占い師さんに運勢を見てもらう

先日、東京に遊びに行った時に原宿の占い館 塔里木(タリム)に寄った。
いい歳のおっさんが1人で占い館に入るのは世間的に女々しいのかもしれないが、
今年の仕事運を見てもらったらどんな結果になるのかという好奇心が勝り入店した。
占いの手法詳細はできるだけ割愛し、備忘録として結果を記載する。

【占う前の前提】
今年7月末で退職する旨を職場・上司に共有済み。転職先はまだ見つかっていない(カス)

【占いで提供した情報】
生年月日、出身県、現居住地

【占い師に聞きたいこと(占い前に用紙に書いて提出)】

①東京方面の会社に転職するつもりだが、占いで見た適した転職時期を教えてほしい
②上記の転職を終えた後、もし結婚をするなら何歳ぐらいがベストか。

で、以下が占断結果。カッコ内が私のコメントです。

続きを読む

【婚活#3】答え合わせ

寒さが堪える2月。土曜の昼下がり。
4ヶ月ぶりに新しくマッチングした女性と会うため、女性から指定されたカフェの前で
スマホをいじる中年がいた。

約束の時間を5分過ぎたが、女性は現れない。
遅刻する旨の連絡は無く、暫くして「もうすぐ着きます!」とメッセージが入った。

被害妄想が強い僕は「彼女は既に到着しているが、遠目で僕の姿を見て帰った」
「半グレにハメられる」などとつまらない可能性を考える。
挙動不審にならないよう周りを見渡す。
周りで一番怪しい人物になっていた。

集合場所となった喫茶店名古屋駅近くの商業ビルの一角に在りながら、
都心の喧騒が絶妙に和らぐエリアにあった。

続きを読む

2023年の目標 結果の振り返り

2023年の目標を20分以内で雑に振り返ります。
これまでの振り返り↓

applefactorz.hateblo.jp


applefactorz.hateblo.jp




優先度順で①健康 ②婚活(恋愛?) ③仕事 ④転職準備 ⑤投資 となってます。
【2023年の目標】

健康

今年4月予定の持病の手術に耐えて、絶対に生還する(時期:4月中旬~5月
→手術に耐えて生還した。予定していた2回目の手術は身体への負荷が高く断念。まずは基礎体力をつけることとリハビリ療法でQOLを改善する。四十路になる前に機を伺い、根本治療をしたい所だができるかどうかは不透明(中間報告)
→術後2ヶ月ほどは体力の落ち込みを感じたが、会社には問題なく復帰。
手術半年後の定期通院では肺活量も若干の改善ありと認められた。
手術前よりQOLは改善したので、やった甲斐はある。
 

婚活(恋愛?)

・月に最低1回のペースで街コンに参加する(時期:5月以降)
→未達成。2月ごろに参加予定していた街コンの主催者から前日キャンセルを伝えられ、街コンへの参加熱が冷めた。代わりに最大手マッチングサービスに課金をして、女性から「いいね!」を貰うことを継続(中間報告)
→6月~8月までに憶えているだけで3名の女性と会い、その内1名の女性と比較的仲良く話せた気がする。少なくとも自分の中にある女性不信と女性蔑視的な澱んだ何かは消失した。
有名な社会学者が以前、女性蔑視と男性嫌悪を治癒するにはまともな異性と共感性を育む経験を積むしかないという趣旨のことを話していた。
当時それを聞いた私は意味不明だったけれど、今なら分かる気がする。
その女性とは本音が言えたような気もするし、僕の勘違いかもしれない。
お互いに仰々しいファーストインプレッションがあった訳でもない。
それでも、あの女性と会えたおかげで僕は分かった。
異性で傷ついた心は、まともな異性によって癒されるのだと。。
彼女の話を書くのはこれに留める(大切な思い出なので)


・たまにLINEをする中学同窓ギャルとワンチャン狙う(30代男性の若々しい発言です)
→ギャルはお相手と同棲していることが分かったので、慰謝料請求をされないように距離を置くことにしました(中間報告)
→秋頃にLINEで長電話したぐらいの関係になっている。絶対にこちらと会おうとしないから興味が無くなった。そんなに中年独身男性は暇じゃねぇよ!!なぁ

仕事 

・上司と同僚に受けが良い仕事分野の知識吸収とアウトプット向上させ、やってる感を出す(6月賞与の査定前まで)
→後述する語学の勉強に逃げて仕事の分野の勉強はサボった。

・転職で売りにしたい分野の業務をやって、履歴書に最低限書ける
レベルまで知識をつける。(時期:7月~12月)
→2024年3月まで実施中

転職準備

TOEICスコア730を取得(受験時期:11月迄)
→3月にスコア540を取得。昨年10月受験時より合計20点下がった。
リスニングスコアが未だ200点前後なので、つべこべ言わず学習量の確保をする。
・英会話サービスは利用停止し、代わりに英単語学習(金のセンテンス)で利用した

AI英語教材 abceedへの課金を継続。

・8月連休前までにabceedアプリでリスニング問題集を10冊解く。

→英語アプリ(abceed)に半年ほど課金し、3~4種の参考書をサブスクで解いた。
昔より随分リスニングの勉強がしやすくなり、おじさんは感動したよ。
その他は昨年も買った公式問題集と模試をしつこく解き直した。
昨年よりスコアが上がったのは嬉しかったが、目標(730点)には届かなかった。


・IT関係の資格取得(受験時期:10月)
→情報処理の高度資格を取れれば最高と思いましたが、全く手がつけられていない。
取り組みやすいMicrosoftの資格(AZ-900)を取ることに変更。

→業務で触れる機会がなく、やる気が起きず未着手。

投資

・子供部屋おじさんの立場を活かし、特定口座+積立NISAで毎月積立を継続。先月から積立額を7万以上増やしたが、薄給でも頑張って積立する。
→バフェットバブルで急騰した丸紅株を掴んで、例によって最近まで塩漬け状態。
お前ら大人しくインデックス投信だけ買え。

仕事探しの現実

Twitter(現X)に投稿したものをコピペします。

 

仕事に関連した資格を無事取れたとして、証明書が来る7月以降でないと転職活動でアピールはできないから今年の上半期も足踏み状態になりそう。
そもそも、資格の勉強も進んでないけれど…

Twitterで実務経験3年未満の若手ITエンジニアの人達が死ぬほど資格取得に邁進してるのを見ると、仕事への矜持も勤勉性(或いは好奇心)も私と別次元だ。
彼らより私の方が強いと思えるコンピテンシーは勤続年数高めブラック職での耐性しかなく、彼らが行きたがらないJTCを転職先に選ぶしかない。

そういう会社の採用側(情シス)の人間は、現実問題として応募者側の実力を精査する力が乏しい場合が多く、情シスプロパー役職者が面接する場合はSIer職場で求められるほどのスキルを精査されることは無い(と踏んでいるし、現勤務先はそうだった)

となると、採用のファクターとしては情シスレベルの実務経験と資格取得の有無になる。

 

…資格取れないと転職がままならぬことを再認識した。

 

【婚活#2】弱者男性だからトークができない

集合5分前に某チェーン喫茶店の駐車場に滑り込んだ。

 

ブルッ、とスマホが揺れる。今日会うAさんからタイミングよくメッセージが入る。
駐車場のどの辺りにいるかを聞かれ、駐車した位置を答えて車を降りる。

・・・・・・・。

 

辺りを見回すが女性は来ない。不安が増していると、後方から「gさん(仮称)ですか?」と声をかけられる。

身長165cm、色白、細身、黒髪の小綺麗で育ちが良さそうな女性だった。

何かと政治的に正しい物言いを求められる世の中だが、もし炎上を恐れず彼女の第一印象を本音で語ると・・・「ぱんっぱんっしたいぞう!!!」

 

・・・またそうやって僕を軽蔑するんだろ?なぁ?
ルッキズムに反対する女性活動家も、日本人男性を殊更にこき下ろしていたフェミニストもどきも、結局「本能(子宮)でイけるかどうか」で異性の対応に差をつけているのだからお互い様だよね何なら僕はあなた方と違って自分の無謬性に立ってネットで誰かを責め立てたりしな

続きを読む

【婚活#1】俺だけマッチングアプリ女性と会えない

この記事にはオチはありません。


5月末の日曜日。朝10時に集合予定である某ターミナル駅に向かっていた。

今日はマッチングアプリの女性と初めて対面で会うことになっていた。
名鉄電車に揺られながらPai●sの画面を見る。運営からは数日前にアプリ内で詐欺被害が多発しているとの注意喚起が送られていた。心臓が痛い。

大学卒業以降、無趣味の俺にとって職場以外で出会った女性のほとんどは詐欺が営業のどちらかだった。
要は利害関係のある女性としか関わらなかった。周囲に「いい人」として紹介される容姿も人間性も無く、1人で変態快楽を貪る趣味しか持てなかったから趣味の友人も居ない。

結果として、ぼったくりに怯えながらカフェに向かう女々しい三十路の男がここにいる。


正直、恋愛に発展させる気持ちよりもどんなイベントが発生(お)きてしまうのかという不安と遊び心の方が大きかった。
また、表面上は真摯に相手とやりとりを交わすように努めても、相手への猜疑心とマッチング活動をどこかで冷笑している自分を捨てきれなかった。
こんなふざけた人間への罰なのか、結果的にはカフェの予定はまともに実現しなかった。

 

集合場所のターミナル駅に着く手前、アプリの通知が入る。
女性からの連絡だった。
「乗っていた電車が急に止まってしまいました。もしかすると集合時間に遅れるかもしれません。また状況が変わったら連絡します!」

スマホで鉄道状況を確認してみると、確かに事故で運休している路線があった。
つい数分前に事故が起きたようだ。女性からの連絡時間を見るに、サイトで情報を見てドタキャンのために言い訳にしたとは考えにくく、おそらく事実だろうと判断した。

こちらのことは気にせずゆっくり来て下さいね! もし長期間止まった場合はまた連絡ください。
長くなるかもしれないので、体調にはお気をつけて下さいね。私もまだ電車に乗ってるので、情報チェックします
大変なことになっていますね。。いやいや、XXXXさんは何も悪くないので気にしないで!

真顔でメッセージを打った後、もうすぐ駅に到着することに気づく。
改札口の近くにある喫茶店に入り、ひたすらアプリを見る。

彼女からのメッセージはない。
集合時間から1時間後、電車が動き始めたとの連絡を受ける。
こんなことがあった日なので、彼女にはカフェを別日にリスケするか相談したが
色々あって夕方18時に会うことにした。

カフェの時間が夕方にずれ込んだ理由は、午後に彼女の友人と予定があったからです。

彼女の言う友人は本当に友人なのか。数多いる独身イケメンアプリ利用男性と逢瀬をするのか。単に俺と会うのが面倒だからキャンセルするための口実にしているのではないか。猜疑心が延々と膨らみ続ける。

昼過ぎに駅近くの中華料理店で「なんでこんなに流れが悪いんだ・・・」と思っていると、またアプリの通知が。

「18時からのカフェはキャンセルで、別日にさせてください。」

 

・・・。

女性とは紳士的(に見える)やりとりをして、その日は帰宅した。
以降は彼女とメッセージはやり取りしていない。
暫くはアプリ女子(おなご)と関わる気が無くなってしまった。婚活を薦めてくれた友人には悪いけど。

最近は高級風俗店女性が書いた客へのメッセージを読み返して心を温めている。客とサービス提供者というビジネスの関係だけれど、それはアプリ女性のメッセージより何倍も心にぐっとくるから(完)