140字では書けない

アラサー異常独身男性

GWから始めたこと

全ては体重増量してTinderでスレンダー女性とガチ○メするためです。
取り組む時機が10年遅れましたが、いい加減適正な体重にしたいので公言して取り組みます。
ガリガリだと職場の部長に舐められっぱなしになるので。
大したことではないですが、以下はGWから始めたことです。

(1)エビオス錠を飲む

全ては体重増量のため。人より消化吸収効率が悪いことは間違いない(ガリなので)ため、エビオスを飲むことにした。瓶の蓋が固すぎるわ!
毎食後に10錠飲まないといけないと聞いてびびっていたが、1錠が小さいため
そこまで苦しくはない。
本日で3日目が終わろうとしていますが、副作用か分からないけどバイタリティが中学生時代に戻ったようです。久しぶりに幸福感を得ています( ^ω^)

(2)プロテインを飲む

全ては体重増量のため。たんぱく質の不足を補う。適当に薬局で買ってきたものを牛乳と一緒に毎日飲んでいる。牛乳と一緒にしないと飲めたものではない。
ガリガリが太るためのメソッドを調べたところ、プロテインと合わせて粉飴も飲んだほうがいいとの話も見たが、よく分かっていない。

よく調べて、問題ないと分かればトライしようと思う。

 

(3)朝食をとる

「朝ごはんは食べましたか?」って小学生かよと思うかもしれないが、昨年実家に帰ってからは朝飯は朝が早すぎて取れず、昼飯はストレスで喉が通らず、そのままぶっ通しで仕事をして、ようやく帰宅してから夕食という日がしばしばあった。
増量のためにも、少なくとも朝食は絶対にとる。

デカいSUVに乗ってスレンダーナオンと○○する

中古でSUVを購入するのをサクっと決めてしまったことを数日が過ぎて悔いている。
確かに、今のズタボロの現行車を乗り続ける気にはなれなかったし、
買い替えるのは時間の問題だった。
ただ、今の貯金はこの4年間の激務に耐えて、ようやくXXX万。
無職中の生活防衛資金と精神安定のために貯めてきた。

このうち、前金で180万を費やしていいのか。
貧乏性で女々しい男だから少し考え込んでしまった。
ちなみに、退職表明後にハマった例の高級デリヘル店では十数万円をひと月で浪費してきた。しかし、それを後悔したことは一度もなかった。。
悩んでも既にサインはしたし、ネットバンクでディーラーの口座に振込申請済である。
実家で親の脛を存分にかじらせてもらう分、退職までは給料と退職金の9割を貯蓄に回す勢いで過ごす。実家で倹約して過ごせば、貯金はXXX万円弱になる。

そもそも、最近は高級デリヘル店の出勤チェックに費やす時間が長すぎることは自覚していた(汗)
3月以降にハマりすぎて、家計簿アプリの「娯楽費」の支出割合がパックマンみたいな形になっていた。メンズエステにハマりすぎた社会人2年目を思い出した。

要因としては、無職期間を数ヶ月は持たせるぐらいの貯金があったことが挙げられる。貯金があったがゆえに、倹約モードが徐々に緩くなり、じりじりと貯金が減っていった。貯金額としては今年の1月時点がピークだった。

無職期間でどれくらいのお金が必要なのか調べたことがあった。
ネットで調べただけでは整理できなかった。退職を準備する人向けの本を入手してみたところ、無職が長引いた際の就職活動費用、割高な国民保険、国民年金保険料、住民税を支払うと案外貯金がすぐ無くなくなりそうということは分かった。

自分としては無職でも半年過ごせるような貯金額まで貯めこみ、実際は早めに内定を取り2ヶ月程度で休暇(バカンス)を終えるつもりだった。
チキンな自分のメンタルを安定させつつ就職活動(または無職)ができるよう貯めることはできたが、元々自制能力がない人間なので下半身の本能には抗えなかった(ただのカス)
無理やり前向きに考えると、貯金がやたらあっても就活を呑気に構えすぎることにもなるので程々の緊張感で過ごせるよう自身を追い込んだ(?)とことにする。
 
と、言ってるそばから明日は友人と食事である。
まっとうな会社に勤めている真面目な友人なので、職場に退職を伝えてから
高級デリヘルにハマってしまったことは黙っておこうと思う。
誘われてもメンズエステやえっちなお店には行かないようにする(軽すぎる宣言)

陰キャのGW

1日目 高級デリヘル。最高の休日を買う最低の男。見た目も品格も素晴らしかったが、プレイがやや独り善がりな感じがした。★4。おほぉ!

2日目 睡眠

3日目 ディーラー営業さんにSUVを勧められたが何とか逃げる。これから無職になりたいから、新車で300万オーバーは厳しいです。

4日目 久々に個室ビデオに行ったら、連休中のお父さん達と異常独身男性の精鋭が多数いた。
同族嫌悪。


3日坊主になるかもしれませんが、プロテイン飲み始めました。2年後に今より体重20kg増やしたいです。

2011年(1)

10年前の今頃は高校卒業直後で、大学の後期試験に向けて風邪をこじらせながら過去問を解いていた。

震災翌日が後期試験だった。
体調不良でとても会場まで向かえない、という判断を私がしたのか両親がしたのかはっきり覚えていない。とにかく、当日は父親の運転で名古屋駅前の後期試験会場まで連れて行ってもらった。
我ながら、なんと優しい両親だろう。

高熱で朦朧としながら、車中のラジオで淡々と流れる被害報告を聞いた。
自分は歴史の生き証人になってしまったのだと思った。

こんなタイミングで、自分はわざわざ受かった地方公立大学を辞退した。
震災の年に私は予備校で浪人をすることになった。

生活の基盤を奪われた人々をモニター越しに眺めながら、俺には俺の拘りがあるんだと言い聞かせた。

震災を思い、勉強できる身分に感謝しなければならないと思っていた。
勉強できない人の分まで思い切りやってやるつもりで、実際やったつもりだった。当時の行動に後悔はない。

ただ、惜しいことに被災地について極めて表層的な情報しかインプットしていなかった。

今思えば、きっかけが野次馬根性でも良いから被災地に行き、ささやかなお手伝いでもすれば良かったと思っている。

労働力としては非力でも、同時代に生きた人間として震災の現実を目の当たりにし、触れて、感じて、メディアに濾過されない生臭い現実を伝えていくことが、被災地外の平凡な人間ができる重要な役割だと思うからだ。
(続く、はず。)

展望

睡眠時間を取らないといけない虚弱体質なのに、
日付が変わるころにPC画面に向かい合っている馬鹿です。
メンタルが悪くなって考えにブレが出てきたので、落ち着かせるために勢いのまま書きます。

 

自分の今後10年の展望を踏まえた転職への考え方

・前提
結婚(婚活)は本気で取り組まない。何もしなければ生涯独身コースで生きる

 

・考え方

〇勤め人に共通する辞めたくなる理由(※)について、本気で向き合ってそれを取っ払うには経営者になるしかない。
※上司を見ても幸せそうに見えない、希望の仕事ができない、仕事が楽しみでない等

〇同一規模の会社でも、人が辞めまくる普通ではない会社にいた為、勤め人としての辛さを余計に味わった可能性がある。ただ、転職に成功しても、別の地獄はあるだろうと考えるべきだ。


〇勤め人としての苦労とは別に、企業・職場固有の問題に起因する仕事の
苦しみがある。自分に関して言うと、進捗管理と手を動かす実作業を今の環境下で並行して実施する能力が無かったことが辛さの第一要因だ。

〇世間にはBPOサービス提供企業の求人もあるため、今よりずっっっと(ここ重要)細分化された範囲で業務をやれれば、今より相対的に楽に働くことができると見込んでいる。少なくともサービス残業もどきはありえない。早朝出勤もない。

〇怠惰な人間であるがゆえに、新たな技術範囲の仕事をキャッチアップするコストを考えると、IT系以外に進むのは考えないことにした。
実は昨日まで、急に不安になって日和っていたが。。


〇同一職種(社内IT運用・ヘルプデスク系・企画導入も少しだけ)で転職する。
アウェーな環境であっても完遂できると思える求人に応募する。
社内SEは幅が広いから要注意。。



〇家庭を持たない自分が精神衛生を保ちながら今後10年を働くには、
夢のための資金を稼ぐというスタンスが一番現実的かと考える。
メンエス開業でもセミリタイアでも蕎麦屋開業でもなんでもいいですが。

今はその夢すら見れない。マズローの欲求階層でいうところの、生存すら脅かされた。
寛解したことにはなっているがメンタルにダメージを負った訳なので、
これまでのプライドは全てて捨てて、できることに集中していきたい。
権威を欲して有名企業の求人にチャレンジしないようにする。

 

お気持ち表明

もう2年近く前、上司に退職表明をした。
当時は相当勇気を振り絞って部署の管理職数名を別室に呼び、退職理由を伝えた。
練り上げた退職理由はあまりに個人的なトピックのため、ブログには書けなかった。
念のため、ブログ内を検索してみたが(「退職」などで自分のブログを検索した)
軽い言及しかなかった。申し訳程度だが、引用する。

2019年1月~2019年3月

1月

  • 退職意思を伝えるが、反論になっていない反論でもみ消される。退職時期を先に表明したのがマイナスに働いた。
  • 家の事情という、第三者が反論しづらいような理由付けにしたが、やはりケチをつけられた。一筋縄ではいかない上司ばかりだと思っていたから、案の定で笑ってしまう。正しいことを正しく認められる人間だったら、こんな会社になっていないしな。そもそも。

 

2018年度振り返り - 140字では書けない


そして、2020年10月某日に改めて退職意思表明をした(2回目)
結論としては「好きにしろ。ただし、辞め逃げは無しで。」というあっさりした回答で引き留めは無しだった。無能?だから早く辞めてほしいと思われているのか。
誰も独身男性の前途に興味はないが、備忘のためこの記事では対話内容をダラダラと振り返る。


・日時
10月某日 夕方17時

・面談者
直属上司

 

今回は定期的に実施される上期の業績面談の場で退職を申し出ることにした。
上司と私が多忙のため、そのためだけに場を設けるのも時間の無駄であるのと、
面談では下期の目標についても話が出るため、退職の業務引継ぎについても話そうと考え、一石二鳥だと考えた。

(上司が面談内容を殆ど伝え終わる)

上司「…という訳で他に何かあるかな?」
私「下期の目標事項について、先ほどまで話した内容は業務の課題と思っているので確実にやるつもりなのですが…」
ここで一瞬躊躇いが出た。弱い人間であるが、突っ切った。)
私「これらの課題を潰しきって、来年4月をもって退職させてほしいです。」

上司「(神妙な面持ち)そうか……というのは?」
私「コロナ禍の不況と████████████で、この会社で働き続けることに限界を感じたというのが正直なところです。世の中がこんな状況なのに、逆行して██████は複雑化して余計な残業をする羽目になりましたし、管理職の方も疲弊しているのを間近に見て、長期的に働き続けるイメージが持てませんでした。」

上司「そうか、正直に言ってくれてありがとう。やっぱり、他の人も不安だと思う。
俺の見立てでは、君みたいに退職をしようとする人間は大量に出ると思っている。」

退職を考える理由は、社員全員が共通で不安に思っていて、なおかつ上司が否定しようがない経営上の課題を挙げた。
正直に言うともっと次元の低い職場への不満が大量にあるのだけど、
余計なことを語るのは辞めた。
このブログやSNSで数年呟き続けた内容を話しても、それらを問題に思っていない管理職だから放置されてきたのであり、それを退職表明の場で突きつけても
誰も得することはないと思った。

そもそも、退職時に身を挺して職場や上司に組織上の問題提起をするべきなのだろうか。
自分ができる残された同僚へのサポートは、退職引継ぎ時の業務標準化を確実に進めることで十分だろうと考えた。
今更、上司に現実を直視させて話し合いをする気力はなかった。

私「他の人も退職を考えている人がいるかもしれませんね。
ただし、私は辞め逃げはしません。すべての課題を潰しきって引き継ぎをする時期が来年4月が無難だと思っています。」
上司「自分としては、その時期に拘らなくてもいいと思う。コロナ禍で企業動向も読めないところがあるし、転職活動でアンテナ張りつつ業務をやって、転職活動状況で退職時期を前後させていいと思う。焦ってブラック企業に転職するのは避けてほしい。それに、█████████もあるからそれを待つのもありだと思う。勿論、辞め逃げは絶対やめてほしい。
私「分かりました。焦ってブラック企業に転職するのは気をつけます」

私(言われなくてもブラック企業にだらだらと在籍しねぇよ!そして、誰かに退職表明をされたことで、やっぱり慰留されるというのも無しだ。もう宣言したからな。)

上司「自分はもう50代でやり直しがきかないけど、君はまだ数十年働かないといけないから無理やり引き留めたりはしない。そりゃ一緒に働いてほしいけど、人生これからだしね…自分も会社に不安はかなり感じるけど、もう転職は無理だから定年まで走り抜けるしかないかな(爆)」

上司には仕事上で色々言いたいことがあったが、一個人としては自分の気持ちに寄り添ってくれる人だと思った。「考えが甘いなぁ」などと言われると思っていたので、拍子抜けした。

後は、淡々と行き先企業を決めた後、正式に部長に報告して辞めるだけだ。
転職可能性があるということを踏まえて、裏で管理職同士で話が行き交うことだろう。
私の後釜はどうやって調達するのか、気になる(後任が来なくても、転職先が決まれば辞めます)