140字では書けない

休職希望の17卒

侵食

今日は大学の友人達が食事会をしていた。
私は会社のイベント参加があり、食事会の誘いを断った。
どうせ辞める会社での立場を守るために、
上司に「はい、出ます」と答えた。
会社のイベント参加に無理矢理意義を見出だすことができたとしても、大学の友人と再会するほどのものでは断じてないはずだ。
私は単に、他の同期と同じように安易に流されたのだ。

こういうことを繰り返して、退職した時には自分に何も残っていない状態になるんだろう。
人生が侵食されてきても、すぐに対処はできない。

最近は夢にも上司が出る。
寝るときくらい、安らぎが欲しい。
実家に帰って泣き言も言えず、依存できるような恋人もおらず、豆腐のようなメンタルでここまでやってきたのは毎日の早寝のおかげだと思っている。
馬鹿げているが、大真面目だ。

加えて、SNSで異常者レベルの頻度で愚痴ってきたおかげもあるが…
それなのに、睡眠にまで影響が出たら…



もう自分はとっくに功利主義者になってしまって、年齢不相応の書き込みを撒き散らして被る恥より、ストレス解消を優先する人間になってしまった。
あと、自分が万が一死んだときにどういう状況だったのかを記録するため。

自分の選択に責任が持つというのは、その選択による不利益(ここでは労働環境)を甘受し、黙って身体が壊れるまで労働しろということなんだろう。
あまりにも馬鹿げている。

自分の選択に責任を持たないのは当事者意識がないからダメ、みたいな言説って、当事者意識をまともに持ったら死ぬ生真面目な人間のことは何も考えてないし、話の全てが個人の責任に収斂していくからどうしようもない。
個人の責任、で済んだら「クソ社会」を対象にする学問は存在しねぇんだよ!

はぁ、推敲する気力もない。
近況ですが、最近はBI(ベーシックインカム)導入派と暗号通貨関連のアカウントばかり見ています。