140字では書けない

もうすぐ4年目

なのはA'sを観て

友人になのはシリーズをおすすめされて、水樹奈々innocent starterが気に入ったので初代シリーズ
を見てハマり、続けてリリカルなのはA'sを見ました。
今回はA'sの話を書きたいと思います。
A'sは、これはこれで面白かった。それは間違いない。。
ただ、心のどこかでモヤモヤを感じてしまった。
自分は前作と同じような心の機微を描いた話が中心に展開されると勝手に(←ここ重要)思っていた
実際はバトル描写が多くて心情描写が少なめだった。いわゆる作風が変わったってやつです。
前作との作風の違いは、作品中の描写の割合の違いです。
作品の組成を乱暴にざっくり3つに分けて、心情描写:バトル:状況説明に分けると
A'sの構成比は
心情描写:バトル:状況説明
=2:10:8
初代は
10:5:5
ぐらいに感じた。(分かりやすく極論で書いてます)
前作では心情描写が重視され、A'sはバトルに重きがおかれた。

それでも「ハズレ」とは思わない。バトルものの作品としては成立してるから。
ただ、このシリーズをただの「バトルもの」か「心情描写もの」と見るかでA'sの評価はガラっと変わる。
個人的には、続編を作るなら見るスタンスであまりにも評価が変わるような作風の変更は
してほしく欲しかったな~ってちょっぴり思いました。
続編だから無難に同じ路線でやってほしかったけど・・・まぁ保守的な視聴者の意見です。
自分は初代から順に見てて、初代の細かい心情描写は好きだったから。

たぶんA'sからなのはシリーズを見た人は「こういうものだ」と思って見れると思う。
その後で初代も見れば、モヤモヤは感じないと思います。
長々と説明してきましたが「もっとフェイト×なのはの展開が見たかったぞプンプン」ってことです。
完全に萌え豚です。ご静聴ありがとうございました(投げた

広告を非表示にする