140字では書けない

休職希望の17卒

″実質″サービス残業

土曜日の4時半。
何で新卒の俺が休日のこの時間に家で実質サービス残業をしなければならないのか。

上司に命令された訳ではないが、担当業務が1人ではカバーできず、休息を取るよりも仕事の段取りをつけることによる精神的・業務的負荷の削減を選んだのは一個人の「誤り」と断罪されるだけなのだろうか
(まぁ、これを読んでるあなた方は私が無能だのなんだの解釈するんでしょうが)

ここまで追い込まれた背景に、他に担当できる人間がおらず、業務が過度に属人化しているのにまともに引き継ぎがされず上司が親会社に出向した経緯がある。

「残業代が出るならマシじゃないか」
私が相談するとそういう回答をする人が多かったけれど、何を言ってるのか全然分からない。

日本が後進国なのは分かったから、後進国後進国たりうる状況にする一員になるのはやめて欲しい。ほんとに。

結局、完全なる休日に自主的に仕事の段取りをすることを強いられた。
こういう状況に追い込まれる職場にいて、転職面接では「責任感を感じすぎる傾向にあるんじゃないの?(新卒の業務は他の人間ができるはずだから杉山の仕事への解釈の問題)」と言われたり、知り合いに相談したら「まだ恵まれてるよ」って言われて…

お前らの言ってることが全然分からねぇよ。


いつ体調を崩してもおかしくないと認識してるので、チラシの裏ではなくブログに追い込まれた状況の一部でも書きました。
もう大分前から愚痴しか書いておらず、申し訳ありません。

ここまで追い込まれることになった経緯は必ず退職時に話します。
有耶無耶にして退職はしない。会社の傀儡なんだろうけども、とりあえず組合には話す。

追記
休日に自主的に仕事をする行為が「後進国たりうる状況」を作っているなら、もうそれはそれですみませんとしか言いようがない。
仕事を断り続けて業務が止まって上司の面目を潰した後に、待遇・評価・仕事での協力等がそれまでと不変だという見込みがある人間だけはそれを咎める資格があると思うが。