140字では書けない

もうすぐ4年目

そうだ、マッサージ店(風俗)に行こう(1)

6月10日のAM5:00。
土曜日の早朝にくたびれた24歳はスマホを高速でスワイプしながら風俗情報サイトを巡っていた。
何も予定のない土曜の早朝に起きて、最初に思ったのは

「そうだ、スケベマッサージ店に行こう」であった。

 

もともと就活のときに会った高学歴院生(おっさん顔)に「N市にえっちな違法マッサージ店がある」ということを聞いて、マッサージ店に興味を持った。
平日のストレス回復のため、実は入社してから土日は"怪しいマッサージ店巡り"というレジャーに安い給料をつぎ込んでいた(寂しすぎる人生

怪しいマッサージ店というのは、体面は普通のマッサージ店(中国・韓国・アジアンエステ)である。しかし店の内装は妖しいピンク色の照明になっていたり、店のWebサイトでは「マッサージだけじゃ終わらない」ような高額メニューを出していたりする風営法違反バリバリの存在である。
大体は違法営業なので、古ぼけたマンションの一室にあったりする。
話が逸れてしまったが、マッサージ店については痛い目を見てきたので稿を改めて述べたいと思う。

早朝から情報サイトで大都市であるN市内のマッサージ店を探していたが、いまいち「当たり」そうな店がない。そこで、ある考えが浮かぶ。
「どうせ交通費がかかるのだから、真っ当な料金を払って合法店に行くべきではないか・・・?」

上でも述べたが、色々と痛い目を見てきてそれをスリルとして楽しんでいた節もあったが、今週は真面目に心身の疲労を回復したかった。
今週は入社してから一番残業した。先月分の残業時間を今週分で超えてしまった。
何度となく勤務先disをしたか思い出せない。吐き出さないと寝れなかった。
本当はチラシの裏に書いてろって話ですよね、フォロワーの皆さんごめんなさい。


という訳で、朝7時にはN市にある真っ当なマッサージ店(扱いは風俗店)を探し当て、8時台の電車に乗り込んだ。
早起きして風俗目当てで電車に乗り込む24歳。車窓に映りこんだ自分は、疲労と期待が混ざった気持ち悪い顔をしていた(続く)