140字では書けない

もうすぐ4年目

自己肯定感たっぷりの人

妹が自己肯定感の塊なのは、兄である私が弱音を少しでも吐くとキツい当たりをしてくる中で嫌なくらい実感する。
子宮で物を考える、などと古い女性蔑視の言い回しを使いたくなるほど自己正当化がひどい。
自分が正しいことをひたすら押し、間違ってると指摘したことはまったく耳を貸さない。声の大きさだけで解決しようとする。会社で偉くなるパターンのやつかよ!

最近は言い争いをする気力も無くなった。
こちらが言い返さないことで彼女の考え方が全て正しいと思い込まれても困るから、間違ってると思うことは繰り返していねいに言い続けるしかないのだが。

根本的に妹は図太い。
今年の春から世間から大変と見なされてる職種に就くのに、不安な素振りが私からはまったく見えない。
先日も家族に家事を押しつけて遊びに出かけていった。そしてデートに行くときは決まって″友達と出かける″とだけ言う。図太いくせに身内に恋愛関係を示すのが嫌なのか?中途半端に繊細なんだな?

大学を卒業するまでは″友達と出かける″という理由に一定の正当性はあった。今しかできない交遊をしておくという説明を毎回彼女はしていた。
しかし、その正当性を持った説明を恋人と出かけたい個人的事情の誤魔化しに使ってたのはずっと記憶しているし、
母親が倒れてからも結構な頻度で誤魔化してたのは一生忘れない。

その誤魔化しが無自覚的か自覚的かは分からないが、たまたま家事ができなかったときの私をヒステリックに責める筋合いの人間じゃねぇだろって話。おーい、見てるか?お前のことだよ、お前!!
いい加減にしろよボケ。ストレスでスマホからポチポチお前の悪口だけでエントリーを書いちまったじゃねえかコラ。

同じ親に育てられてもこんなに考え方が違うのはなんでだろうと思う。