140字では書けない

もうすぐ4年目

学業で力を入れたこと

学業で力を入れたこと【訂正前】

独りよがりにならないように、人を頼って勉強しました。

これは友達のレポートをただ単に参考にした訳ではないです。

私は現在の大学に入る前に別の大学に入り、勉強面で挫折をしてしまいました。

その理由は全ての課題や勉強を自分の力だけでやろうとしてしまう妙なプライドがあったことと、分からないことを人に訊いて自分に取り込む力が足らなかったからです。

現在の大学に入学後は二度と同じことを繰り返さないために、精神面では素直に友人やTA、教員などに相談したり頼ることを徹底しました。また、分かったようで分からない状態にならないように、誰かに質問する際には自分なりのアウトプットを説明するようにし、「○○が分からないので教えてください」とただ訊くだけにならないよう(時間切れ

 

学業で力を入れたこと【修正】(もはや別物)

情報システムの設計です。

システムの設計は1人で行うのではなく、少人数の学生での演習授業として行いました。その際に「分かったふりをしない」ことに特に注意して演習に臨みました。

というのも、システムは目に見えるものではないため、議論の前提となるシステムの共通理解を確認することが特に重要だからです。

その際に、以前の演習ではメンバーの意見や着眼点を聞いて理解していると思っていたら後で自分の理解がずれていたことがありました。理解しているかどうかは自分ではなく他のメンバーが評価するものだと気づいたので、それ以降は「これはこういうことですか?」とアウトプットを他の人に示して理解しているかをこまめにメンバーに確めてもらうようにしました。